ぶっこみ娘の徒然日記


人形町・大観音寺の大きな仏像の頭  >>

人形町の大観音寺(おおがんのんじ)には毎月17日のみ開帳する秘仏があります。
いつか行ってみようと思っていたけど、なかなか時間が合わなくて、やっと今日、見ることができました。今年中に拝観することができて良かった。

大観音寺は東京メトロ日比谷線・都営浅草線「人形町駅」の近くにあります。
食べ物屋さんとか並んでいて、こんなところにお寺があるのかな?
と思っていたら、お蕎麦屋さんの隣に階段が!!

案内

案内も出ています!

 

階段を登ると、まず目に入ったのは左手に「商売繁昌」「開運」が祈られている茶吉尼天尊がございます。

その隣には本願地蔵尊がいて、そのちょっと先が「本堂」になります。

本茶吉尼天尊、護法韋駄天尊、白衣観世音菩薩や馬頭観世音菩薩もこの小さいなお寺に奉られています。

へい!すごい!

 

本堂

 

靴を脱いで本堂へ上がると、お前立観世音が奉られています。これがご本尊?

と思ってよく見ると、その後ろに大きな顔が…

これが、大観音寺のご本尊、大きな観音菩薩の頭部でございます。

正座してみると、表情が厳しい…。
しかも、ちょっと横向き加減?
なぜか、この鉄造聖観音菩薩の向きが斜めの方向になっています。。。

???

ちょっと回って、お顔を正面からみると、

すごく優しい表情です。

ちなみに、案内のすぐ隣にはこれがあります。
説明

 
説明文を読むと、なんと、去年の3.11大震災の時、この観音さまの頭が動いたんです。

でも、同じく本堂にあるお前立とかほかの仏像は全く動かなかったみたい。…不思議ですね。

これをきかっけで平成24年5月11日より、毎月11日は「東北を思う」東北に祈りという形で、11日も17日とともに本尊開帳になりました。

 

まだ拝観したことない方も、ぜひ一度来てみてください。

 

ぶっこみ娘

2012年12月17日